コラム

ローン選びをする前にやるべきこと

%e3%81%8a%e6%96%ad%e3%82%8a%e5%a5%b3%e6%80%a7

借り換え相談で時々あるのが、「審査に断られて困っている」というもの。

 

断れた理由で一番多いのは、「カードの遅延」です。

 

1年以内にカードの支払いが遅れた履歴があると厳しい審査になる可能性があります。

また、数回あるとまず借りられないと思って頂いた方が良いでしょう。

 

続きを読む

がん団信、三大疾病団信等の年齢制限

%e8%82%8c%e5%b9%b4%e9%bd%a2%e5%a5%b3%e6%80%a7%e3%82%b1%e3%82%a2

悪性新生物(がん)と診断されたら住宅ローンの債務がなくなったり、

急性心筋梗塞や脳卒中になって、60日以上所定の状態が継続したと医師の診断があった場合、住宅ローンの債務がなくなるのは安心です。

 

一般団信にプラスアルファで付けられる、がん団信や三大疾病団信等の疾病付団信ですが、忘れがちなことがあります。

それは

年齢制限

です。

 

なぜ、年齢制限があるのでしょうか。

 

続きを読む

8疾病保障付住宅ローンは使えるか

%e8%96%ac%e3%82%92%e9%a3%b2%e3%82%80%e5%a5%b3%e6%80%a7

某ネット銀行の住宅ローンは、ネット銀行らしく金利が低く、かつ、8つの疾病に対する保障が無料で付いて来ます。

 

「金利も低く、保障も手厚い」

 

そんなイメージを抱かせます。

いっけん良さそうに見えますが、はたして保障内容はどうなのでしょうか。

 

続きを読む

がんになったら住宅ローンはどうなる?

october-pink-1718025_640

日本人は、一生涯で2人に1人が、がんに罹り、3人に1人はがんで亡くなっています。

 

多くのがんは、動物性脂肪の取り過ぎ、喫煙や過度の飲酒、運動不足などの生活習慣が原因と言われています。

 

部位にもよりますが、高齢になるほどがんに罹りやすくなりますが、若年層でもなる人もいます。

がんの専門医に聞いたら、誰でも罹患する可能性はあると言っていました。

 

 

もし、住宅ローンを組んでいる人ががんになったらどうなるのでしょうか。

 

続きを読む

0.775%から0.350%への借り換え(2)

%e3%81%aa%e3%82%8b%e3%81%bb%e3%81%a9%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e5%a5%b3%e6%80%a7

繰り上げ返済のデメリット

繰り上げ返済をすると、「期間を短縮」したり、「返済額を減額」させることができます。

繰り上げ返済するとローンの利息は減りますが、なかなかお金が貯まりません。

今回も定年後に住宅ローンが残らないように繰り上げ返済を頑張っていましたが、なかなか老後資金が貯まらないという状況でした。

 

続きを読む

0.775%から0.350%への借り換え(1)

%e6%82%a9%e3%82%81%e3%82%8b%e5%a5%b3%e6%80%a7

マイナス金利、住宅ローンの金利が過去最低を更新といったニュースを聞く度に、借り換えに興味を持った人も多いことでしょう。

 

しかし、そもそも借りている金利が低ければ借り換えメリットは果たして出るのだろうかという疑問が出てきます。

 

8月末に0.775%から借り換えをしたケースがありました。

 

実際にどの程度の借り換えメリットがあったのか、ケーススタディの一つとして紹介したいと思います。

 

 

続きを読む

比較サイトを鵜呑みにするな

%e6%af%94%e8%bc%83%e3%81%99%e3%82%8b%e5%a5%b3%e6%80%a7

なんでもそうですが、情報の取り方って重要ですよね。

誤った情報を鵜呑みにしたり、思い込みで判断してしまい、結果的に失敗することがあります。

 

最近、かばんを買いましたが、ネットで買って失敗しました。

思った程容量が少なかったのですし、スマフォを出し入れする場所がないなど、使い勝手が悪かったのです。

結局、一回使っただけで、買い直しです。

もったいない。

ふだん使うので、実物を見て、どの位入るのか、どういう機能があるのか、ということを確かめれば良かったです。

 

情報をどう取るか、これは住宅ローンにおいても重要です。

特に、住宅ローン(=住宅購入)は、人生において最大級の買い物の1つです。

見直しも頻繁できるものではないので、失敗や後悔がないように慎重な判断が求められます。

 

続きを読む

0.975%からの借り換え(金利差0.4%)だとどの程度メリットが出るか(1)

%e5%80%9f%e3%82%8a%e6%8f%9b%e3%81%88%e4%ba%8b%e4%be%8b%e5%a4%89%e5%8b%95%e9%87%91%e5%88%a90-975%ef%bc%85vs0-575%ef%bc%85%ef%bc%88%e4%bd%9c%e6%88%90%e4%b8%ad%ef%bc%89

一般的に、

 

「ローン残高が1000万円以上」

「返済期間が残り10年以上」

「借り換えるローンとの金利差が1%以上」

 

に当てはまる場合、借り換えメリットがあると言われています。

 

ここ数年内に変動金利で借り入れをしていた場合、

 

0.775% =          店頭金利2.475% - 優遇金利1.7(平成26年~)

0.875% =          店頭金利2.475% - 優遇金利1.6(平成24年~)

0.975% =          店頭金利2.475% - 優遇金利1.5(平成23年~)

 

このあたりの金利水準の人も少なくないと思います。

 

平成28年10月時点で最も低い金利は、10年固定金利で0.45%、変動金利で0.5%弱です。

 

上記のように、そもそも数年前に低金利で借りている人は、借り換えで1%以上の金利差も出ません。

 

では、金利差が1%もない場合、借り換えメリットは出るのでしょうか

続きを読む