0.975%からの借り換え(金利差0.4%)だとどの程度メリットが出るか(1)

%e5%80%9f%e3%82%8a%e6%8f%9b%e3%81%88%e4%ba%8b%e4%be%8b%e5%a4%89%e5%8b%95%e9%87%91%e5%88%a90-975%ef%bc%85vs0-575%ef%bc%85%ef%bc%88%e4%bd%9c%e6%88%90%e4%b8%ad%ef%bc%89

一般的に、

 

「ローン残高が1000万円以上」

「返済期間が残り10年以上」

「借り換えるローンとの金利差が1%以上」

 

に当てはまる場合、借り換えメリットがあると言われています。

 

ここ数年内に変動金利で借り入れをしていた場合、

 

0.775% =          店頭金利2.475% - 優遇金利1.7(平成26年~)

0.875% =          店頭金利2.475% - 優遇金利1.6(平成24年~)

0.975% =          店頭金利2.475% - 優遇金利1.5(平成23年~)

 

このあたりの金利水準の人も少なくないと思います。

 

平成28年10月時点で最も低い金利は、10年固定金利で0.45%、変動金利で0.5%弱です。

 

上記のように、そもそも数年前に低金利で借りている人は、借り換えで1%以上の金利差も出ません。

 

では、金利差が1%もない場合、借り換えメリットは出るのでしょうか

続きを読む

ネット銀行の特徴

8f991c0a833c1278d9a4e07cd6d16405_s

首都圏には約100の金融機関があり、住宅ローン商品も1000本ほどあると言われています。

当然、各金融機関や住宅ローン商品に特徴があります。

 

借り換えをするにしても、各銀行や住宅ローンの特徴を掴んで進めた方が効率的です。

今回は、ネット銀行の特徴を簡単にまとめてみました。

続きを読む

借り換えできない場合(転職編)

%e5%b1%a5%e6%ad%b4%e6%9b%b8%e5%86%99%e7%9c%9fac

 

転職して1ヶ月位の人から借り換えをしたいという相談がありました。

 

結論から言うと、転職して間もないと、借り換えはできません。

フラットだと行ける場合がありますが、民間金融機関はほぼ無理です。

続きを読む

フラット35を選ぶなら30年固定金利と比較したい(前編)

16d66f387c463f7d3e14b4cad322fcb9_s

最近、フラット35で借り換えした人に会いました。

フラット35でかなり金利が低くなりましたと喜んでいました。

 

私が、「民間銀行の30年固定金利と比較しましたか?」と聞きますと、

「そんなのあるのですか」

という回答でした。

 

なぜ、30年固定金利と比較した方が良いのかというと、理由は2つあります。

 

続きを読む

定期借地権付きマンションの借り換え

baa943e63e8082705ff1720367e20af9_s

定期借地権付きの物件は、借地権を更新できず、期限が来たら貸し主に原則更地で返さないと行けません。

そのため、定期借地権付きの物件は契約期間が近づくと買い手が少なくなり売りにくくなります。

 

最近、首都圏にお住まい人から定期借地権付きのマンションの借り換えの相談が増えつつあります。

 

続きを読む

フラット35Sの借り換えメリットはあるのか

先日、こんな記事がありました。

マイナス金利だ借り換えだ フラット35で借り換え試算

「ところで、現在「フラット35S」で契約している人は、現在のところ借り換えの効果はほとんどないようです。一定以上の建築基準を満たした住宅取得のためのフラット35S、契約から5年または10年間、金利が0.3%抑えられるというものです。このフラット35Sは新規ローン契約者のためだけの制度。借り換えはできません。フラット35Sからフラット35へ借り換えてしまうと、せっかくの金利優遇期間がパーになってしまうのです。残念。」

続きを読む