%e5%80%9f%e3%82%8a%e6%8f%9b%e3%81%88%e4%ba%8b%e4%be%8b%e5%a4%89%e5%8b%95%e9%87%91%e5%88%a90-975%ef%bc%85vs0-575%ef%bc%85%ef%bc%88%e4%bd%9c%e6%88%90%e4%b8%ad%ef%bc%89

一般的に、

 

「ローン残高が1000万円以上」

「返済期間が残り10年以上」

「借り換えるローンとの金利差が1%以上」

 

に当てはまる場合、借り換えメリットがあると言われています。

 

ここ数年内に変動金利で借り入れをしていた場合、

 

0.775% =          店頭金利2.475% - 優遇金利1.7(平成26年~)

0.875% =          店頭金利2.475% - 優遇金利1.6(平成24年~)

0.975% =          店頭金利2.475% - 優遇金利1.5(平成23年~)

 

このあたりの金利水準の人も少なくないと思います。

 

平成28年10月時点で最も低い金利は、10年固定金利で0.45%、変動金利で0.5%弱です。

 

上記のように、そもそも数年前に低金利で借りている人は、借り換えで1%以上の金利差も出ません。

 

では、金利差が1%もない場合、借り換えメリットは出るのでしょうか

続きを読む