8疾病保障付住宅ローンは使えるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%e8%96%ac%e3%82%92%e9%a3%b2%e3%82%80%e5%a5%b3%e6%80%a7

某ネット銀行の住宅ローンは、ネット銀行らしく金利が低く、かつ、8つの疾病に対する保障が無料で付いて来ます。

 

「金利も低く、保障も手厚い」

 

そんなイメージを抱かせます。

いっけん良さそうに見えますが、はたして保障内容はどうなのでしょうか。

 

 

ここでいう8疾病とは、

 

がん(悪性新生物)、急性心筋梗塞、脳卒中、といった特定疾病

高血圧症、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎、といった5つの重度慢性疾患

 

を指します。いわゆる生活習慣病です。

 

8疾病保障付きローンの適応要件は、

 

がん(悪性新生物)、急性心筋梗塞、脳卒中、高血圧症、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎

 

が原因で、保障が開始されて3ヵ月経たった日の翌日以降に、

 

所定の就業不能状態

 

となり、その状態が住宅ローンの返済日まで続いた場合、月々のローン返済額相当額を最長12ヶ月まで保障し、

さらに就労不能状態が12ヵ月を経過すると、残債全額に対して保険が適応される、というものです。

 

 

8疾病保障といっても、診断されただけではだめで、

8つの疾病によって就労不能状態になり、1年間その状態が続かないと保険金はおりない、つまり、住宅ローンの債務はなくなりません。

 

 

では、保険会社が定める、「所定」の就業不能状態とはどんな状態でしょうか。

 

「就業不能状態とは被保険者本人の経験・能力に応じたいかなる業務にもまったく従事できない状態

 

と定義されています。

 

「いかなる業務にもまったく従事できない状態」

 

とは、どんな仕事も全くできない状態です。

 

かなり重い状態と考えておいた方が良いでしょう。

私が思うに、8つの疾病が原因で、肉体的に全く仕事ができない状態までになるのであれば、ほぼ亡くなっているのでないかと考えます。

 

しかも、保険会社が「定める」所定の就業不能状態とういことで、公的保険連動ではありません

公的保険、例えば要介護状態2以上、という条件であれば、明確な判定基準があります。

 

保険会社が定める基準ですので、公的連動とは大きな違いがあります。

保険料負担をせずに無料で保障がつくということは、一般的な団信(死亡、高度障害)とほぼ変わらない確率ということが言えそうです。

 

保険の診断書を良く書く、保険に詳しいお医者さんに聞いたところ、医師の診断書次第であるが、適応されるのはかなり難しいのではないかという見解でした。

仮に医師の診断書の内容が良かったとしても、保険会社とあれこれ相談や交渉しないと厳しいなという感じでした。

 

これに対して、三大疾病保障付きの場合は、

がんは悪性新生物と診断確定された場合、脳卒中、急性心筋梗塞は、60日以上の労働制限とあるので、

上記8疾病の支払い要件よりはまだ緩くなっています。

 

 

三大疾病保障付き団信は、0.3%分を上乗せするのが一般的です。

*中には、0.2%で付けられる住宅ローン商品もあります。

つまり保険料を余計に支払う分、その分保障も保険料負担のない疾病付きローンよりも保障の範囲は広いと言えます。

 

三大疾病保障付き団信に比べて、8疾病保障は無料だから良いとは決して言えません

 

8疾病付きということで、いっけん保障が手厚いように見えますが、保障の適用要件がかなり厳しいです。

無料の8疾病保障は、保障内容で選ぶと言うよりも、ないよりもあった方がいいという程度で見ておくべきでしょう。

 

<無料 500万円得する住宅ローン借り換えの新常識>
http://karikae.jp/stepmail.html

<Podcastもやっています>
住宅ローンで老後貧乏にならない方法
https://itun.es/jp/dlS7eb.c

<借り換え診断申し込み>
http://karikae.jp/apply.html

<karikae.jp公式サイト>
http://karikae.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。