今、借り換えする理由は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%e7%90%86%e7%94%b1

今、借り換えの絶好の機会です。

 

その理由と借り換えの考え方について解説したいと思います。

 

住宅ローンの借り換えがライフプランの鍵を握る

 

住宅ローンは人生の三大支出の一つで、かつ、金額が最も大きいものです。

 

三大支出とは、教育費、老後資金、住宅購入(住宅ローン)のことを指します。

 

また、それぞれ金額が大きく、さらに平行して準備し、支払ったりする必要があります。

 

例えば、教育費にお金をかけすぎて、住宅ローンの残債を減らせず、住宅ローンが退職後にも残ってしまうことがあります。

その結果、老後の生活に困るということも起きています。

 

教育、老後資金、住宅ローンの三大支出のバランスを欠くと、ライフプランの実現が難しくなります。

 

その鍵を握るのが、住宅ローンの借り換えです。

 

なぜならば、借り換えによって、住宅ローンの総額が減らしたり、月々の返済負担を減らすことで、新たなお金を生み出すことができるからです。

 

仮に、借り換えで500万円利息を減らせたら、本来、住宅ローンに払う500万円を教育資金や老後資金に回せることにもつながります。

 

金利上昇対策にも

 

日本銀行の金融政策の影響もあり、変動金利も固定金利も過去最低水準で推移しております。

 

借り換えの絶好の機会が訪れています。

 

近い将来、本格的な景気回復がなされれば、金利は徐々に上昇していくと考えられます。

 

もちろん金利が緩やかに上がっていくのは日本経済にとって良いことではありますが、住宅ローンの負担はその分大きくなります。

 

だからこそ、金利が低い今のうちに借り換えをしておくと、目先の月々の負担が減るだけでなく、将来金利が上がった場合の対策にもつながります。

 

借り換えのリセット効果

 

借り換えはただ金利を下げるだけではありません。

 

借り換えのタイミングで、変動金利から固定金利へ、固定金利から変動金利に変更するということもできます。

 

また、元利金等から元金均等へ、元利金等から元金均等ということも可能です。

 

返済期間の短縮もできるし、限られた銀行だけですが、期間延長もできます。

 

返済期間を短縮したり、延長することで、ライフプランに合わせた返済計画にすることも可能です。

 

がんや三大疾病という保障が付いた団体生命保険を付加することもできます。

 

借り換えは住宅ローンを新たに選び直すことができます。

 

そのため、それまでと違う条件で住宅ローンを組むことが出来るのです。

 

住宅ローンも数年前からだいぶ変わってきています。

 

金利だけでなく、期間や保障といった点から住宅ローン選びをしてほしいと思います。

 

まとめ

・金利が低い今が借り換えのチャンス。

・借り換えはお金を生み出す効果がある。

・借り換えにはリセット効果がある。

 

<無料 500万円得する住宅ローン借り換えのポイント>
http://karikae.jp/stepmail.html

<Podcastもやっています>
住宅ローンで老後貧乏にならない方法
https://itun.es/jp/dlS7eb.c

<借り換え診断申し込み>
http://karikae.jp/apply.html

<karikae.jp公式サイト>
http://karikae.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*