定期借地権付きマンションの借り換え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
baa943e63e8082705ff1720367e20af9_s

定期借地権付きの物件は、借地権を更新できず、期限が来たら貸し主に原則更地で返さないと行けません。

そのため、定期借地権付きの物件は契約期間が近づくと買い手が少なくなり売りにくくなります。

 

最近、首都圏にお住まい人から定期借地権付きのマンションの借り換えの相談が増えつつあります。

 

 

新築時の定期借地権付き物件の住宅ローン融資は、販売会社が予め審査に通る金融機関を絞り込んでいますので、特に問題はないようですが、

担保価値が低いという理由で借り換えになるととたんにハードルが上がります。

 

 

借り換えを希望する場合は、借りられる金融機関を片っ端から当たっていくしかありません。

正直、仕事をしている人だったら、しんどいと思います。

 

定期借地権付きのマンションの契約者が借り換えを希望する場合、

 

金利中心の住宅ローン選びは後回しにして、

そもそも借り換えが可能かどうかという判断をまずはやってください。

 

せっかく良いローンが見つかったと思っても借り換えができなかったら意味がありませんので。

 

当社では、首都圏であれば定期借地権付きマンションの借り換えが可能な金融機関を把握しています。

もし、お困りの方がおられましたらお気軽にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。